ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

畑澤聖悟<リーディング・アフタートーク参加>

「2012年 日本現代戯曲リーディングVol.6」

日韓の演劇交流を推進する目的で、日本の〈日韓演劇交流センター〉、韓国の〈韓日演劇交流協議会〉は、隔年で交互に数本の戯曲を選出、翻訳、リーディング上演を行っています。Vol.6となる今回は、日本を代表する現代戯曲として蓬莱竜太氏、前川知大氏、畑澤聖悟の3名が選出され、リーディングののち、作品について韓国の演劇人と語り合います。

<これまでのリーディング>
2002年10月、韓国気鋭の劇作家を日本に招いて第一回ドラマリーディングを開催、 2003年11月に韓日演劇交流協議会がソウルで現代日本戯曲ドラマリーディングを行いました。その後、2005年2月(東京・シアタートラム)、2005年10月(ソウル)、2007年2月(東京・シアタートラム)、2007年11月(ソウル)、2009年3月(東京・シアタートラム)と回を重ねています。


【日時】2012年1月27日〜29日
【会場】明洞芸術劇場 

●1/27(金)−19:30 
蓬莱竜太『罪』
  イ・へジョン翻訳/アン・ギョンモ演出
  アフタートーク(司会チェ・ヨンフン)

●1/28(土)−15:00 
前川知大『プランクトンの踊り場』
 石川樹里翻訳/ホン・ヨンウン演出
 アフタートーク(司会パク・ヘソン)

★18:00 シンポジウム「2000年代以降の韓日演劇界の新たな傾向と展望」
司会ホ・スンジャ
発表者西堂行人/前川知大(作家)
  キム・バンオク(評論家 予定)/ソン・ギウン(作家)
                         
●1/29(日)−15:00 
畑澤聖悟『親の顔がみたい』
 木村典子&イ・ソンゴン翻訳/キム・ガンボ演出
 アフタートーク(司会チャン・ソンヒ)

日韓演劇交流センター HP
[PR]
by nabegenmember | 2012-01-19 16:45 | 畑澤聖悟 | Comments(0)