ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

工藤千夏<演出助手>

青年団国際演劇交流プロジェクト2012
ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業 Jeune Scène 2012-2013
『Anamorphosis アナモルフォーシス』


コンセプト・演出・舞台美術:フィリップ・ケーヌ

青年団の実験工房・アトリエ春風舎から世界へ。
演劇そのものを見つめる確かな視線と壮大な遊び心で観客を魅了する、演出家フィリップ・ケーヌ。
彼と青年団女優4人との出会いが生み出す「アナモルフォーシス(歪み絵)」は、いったいどんな像を結び、何をそこに映し出すのか。
青年団国際演劇交流プロジェクト最新作、アトリエ春風舎にて世界初演!

【出演】
村田牧子 木引優子 鄭 亜美 中村真生

【スタッフ】
舞台監督:大友圭一郎 伊藤 新 シリル・ゴメス=マチュー
装置協力:鈴木健介 乘峯香苗
照明協力:西本 彩 山岡茉友子 山口久隆(S-B-S)
音響協力:泉田雄太 足立 誠
テクニカルマネージャー:播間愛子
通訳:平野暁人
演出助手:工藤千夏
字幕翻訳:齋藤晴香
字幕協力:秋山建一 佐山和泉
フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)
制作:木元太郎 西尾祥子(システマ)

【会場】アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線・副都心線/西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩3分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。

【公演日程】2013年2月7日(木)-11日(月・祝)
7日(木)19:30
8日(金) 19:30
9日(土) 19:00
10日(日)19:00
11日(月)15:00
受付開始=開演の30分前、開場=開演の20分前
※開演5分前を過ぎますと、予約がキャンセルとなる場合がございます。
※開演後のご入場はお断りする場合がございます。
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。

【チケット料金】
■予約・当日共 一般:2,500円 ユース(25歳以下):2,000円
※ユース(25歳以下)の方は、当日受付にて年齢を確認できる証明書をご提示ください。
※日時指定・全席自由席・整理番号付

【チケット取り扱い・お問い合わせ】
青年団 tel.03-3469-9107(12:00~20:00)
青年団チケットオンライン販売 こちら

総合プロデュサー:平田オリザ
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場/ヴィヴァリウム・ステュディオ
共同製作:(有)アゴラ企画、こまばアゴラ劇場/ジュヌヴィリエ国立演劇センター/アンスティチュ・フランセ日本/ベルリンHAU劇場
助成:アンスティチュ・フランセ日本-外務・ヨーロッパ問題省レジデンスプログラムThéâtre Export
著作権代理:(株)フランス著作権事務所

d0203926_82282.jpg


広報用の映像
『セルジュの特殊効果』映像 
(2012年横浜[TPAM in Yokohama]で上演された作品のダイジェスト映像です。)


【他会場での公演予定】
<横浜公演 TPAM in Yokohama 2013「インターナショナル・ショーケース」>
日時:2013年 2月13日(水)12:30/18:45  ※英語字幕付き上演(予定)
会場:KAAT 神奈川芸術劇場<中スタジオ>
主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013 実行委員会
http://www.tpam.or.jp/

<ワールドツアー>
(12年12月現在)
2013年
3月19日(火)、20日(水) ゲント[ベルギー] Vooruit
3月22日(金)        モーブージュ[フランス] Festival VIA/Focus Théâtre
4月上旬            ユトレヒト[オランダ] Tweetakt Festival
4月11日(木)、12日(金) アムステルダム[オランダ] Frascati
4月中旬            エッセン[ドイツ] PACT Zollverein
4月19日(金)        エデ[フランス] Théâtre De Poche
4月22日(月)〜26日(金) ジュヌビリエ[フランス] CDN Théâtre de Gennevilliers
5月1日(水)〜4日(土)   ベルリン[ドイツ] HAU
5月上旬            エアランゲン[ドイツ] Internationales Figurentheater-Festival
[PR]
by nabegenmember | 2013-02-02 10:14 | 工藤千夏 | Comments(0)