ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

カテゴリ:畑澤聖悟( 105 )

高崎経済大学劇研特別公演
「俺の屍を越えていけ」



作:畑澤聖悟
【日時】2011年10月15日(土)、16日(日)(計4ステージ)
【場所】高崎経済大学構内2号館212教室(客入り40~50名程度)
【チケット料金】無料(※震災チャリティー募金を別途検討中)

高経劇研特別初秋公演「俺の屍を越えていけ」稽古場ブログ
本ブログは、当公演の稽古場ブログです。といってもまだまだ稽古は先ですが、それまでは、公演情報ならびに前回の番外公演「青春ペーパーフィルム」のブログなどで雰囲気を感じていただけたらと思います。

d0203926_21404622.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2011-06-30 21:52 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
シアターアーツ47号2011夏 特集「3.11に遭遇した劇現場

 畑澤聖悟の戯曲『どんとゆけ』『あしたはどっちだ』(渡辺源四郎商店第13回公演の上演テキスト)が一挙掲載されている[第三次]シアターアーツ47号2011夏 特集「3.11に遭遇した劇現場」が、6月25日発売されました。畑澤本人による書き下ろし作品解説も掲載。

 書店での販売価格は一冊につき1200 円。定期購読はこちらから。(購読料2年間=8,000円(8冊)。最新号からの場合は、定期購読開始時から2期終巻までの冊数×1,000円)

d0203926_14213212.jpg


特集「3.11に遭遇した劇現場」

震災による惨事へのAICT日本センターからのメッセージ/西堂行人
公開フォーラム──震災後の演劇を語る/石川裕人×永井愛×内田洋一×西堂行人
[論考]
 福島で生きる私たちの未来──演劇教育のこれまでとこれから/石井路子
 大震災に揺れた劇場/柾木博行
 3月11日は初日だった。/三浦基
 物語は人間が作るのか、それとも勝手に上から来るのか──野田秀樹のカルト三部作と三月十一日/野田学

[連載]
[舞台時評]東日本大震災を経て"国民の演劇"とは?──『国民の映画』『レ・ミゼラブル』/高橋豊
[演劇時評]演劇と社会──震災以前/以後を考える/嶋田直哉
[小劇場時評]芸術で救われるべき1%の人間はどこにいるか/藤原央登
[関西からの発言]東日本大震災と関西演劇/正木喜勝
[世界の演劇から]歴史を生き抜く──演劇の生命力 第14回ヨーロッパ演劇賞報告立木─子
[舞台人クローズアップ]最後のアングラ女優 銀粉蝶/江森盛夫

[劇評]
心身の「鎧」から突出しようとする「個の力」──高嶺格『Melody Cup』/原田広美
ドキュメンタリー演劇における演技についての考察──リミニ・プロトコル『ブラック・タイ』が開く空間/古後奈緒子
ヘドロに満ちた劇場で── 中津留章仁lovers『黄色い叫び』/堀切克洋
[コラム]徐々に揺れがおさまるなかで──『わが星』『散歩する侵略者』『変身』『四畳半襖の下張り』/新野守広

[上演テクスト]
『どんとゆけ』『あしたはどっちだ』
 作・解説=畑澤聖悟

[PR]
by nabegenmember | 2011-06-29 14:33 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
USTREAM 金沢市民芸術村 畑澤聖悟戯曲講座 リーディング発表会



Live video chat by Ustream


[PR]
by nabegenmember | 2011-06-25 09:37 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
WARP第2回新人公演『俺の屍を越えていけ』

WARP第2回新人公演で『俺の屍を越えていけ』が上演されます。

『俺の屍を越えていけ』
作:畑澤聖悟
演出:高橋直也
【日程】2011年 6月26日(日)14:00
【会場】長岡市寺泊文化センター1Fホール(新潟)
【料金】無料

詳細はこちら

アクセス

【お問合せ】
WARP制作部 wwaaru@yahoo.co.jp
寺泊文化センター TEL.0258-75-5155
d0203926_1311424.jpg





http://1st.geocities.jp/warphp/nextstage.html#
[PR]
by nabegenmember | 2011-06-08 13:04 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
劇団名古屋『親の顔が見たい』

劇団名古屋が畑澤聖悟の戯曲『親の顔が見たい』が上演します。

『親の顔が見たい』
作:畑澤聖悟
演出:久保田明
【日程】2011年6月 17日(金)19:00
          18日(土)14:00/19:00
【会場】名古屋市熱田文化小劇場
【前売料金】一般 2,800円、シニア(65歳以上)2,500円 、中高生 1,500円

詳細はこちら

d0203926_1242838.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2011-06-08 12:51 | 畑澤聖悟 | Comments(1)
金沢市民芸術村 畑澤聖悟戯曲講座

2010年11月末に開講、2011年1月末、2月末と対面指導の回を重ね、さらに、メールで添削指導を続けきた「畑澤聖悟戯曲講座」。30分程度の短編戯曲を完成させることを目標として12名の受講者が作品づくりに取り組んできました。その成果を全作品リーディング!という今までにない形で発表します。
詳細はこちら

【日程】2011年6月25日(土)・26日(日)
【会場】金沢市民芸術村 里山の家
アクセス

●入場無料

チラシ拡大
d0203926_9251473.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2011-06-08 09:31 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
愛知県新城東高等学校演劇部『親の顔が見たい』上演

2011年8月福島市で予定されていた高校演劇全国大会は、代替地である香川県丸亀市で大会を行うことが決定しました。5月13日、福島県が全国高等学校総合文化祭開催を宣言、詳細は以下で表明されています。
ふくしま総文HP 第35回全国高等学校総合文化祭の開催について


高校演劇全国大会(ふくしま総文 香川会場)
【日程】2011年8月5日(金)〜7日(日)<変更なし>
【会場】香川県丸亀市綾歌町の市綾歌総合文化会館アイレックス
   〒761-2405 香川県丸亀市綾歌町栗熊西1680番地
   TEL:0877-86-6800/FAX:0877-86-6808

※予約方法、上演順などはすべて未定。


◎出場校一覧(上演順未定)
■北海道
 北海道 北見北斗「ぺったんぺったん!」(生徒顧問創作)

■東北
 岩手県 岩手女子「Colors」川村明日香 作
■開催地(福島)
 福島県 県立大沼「ひきなかへしそ〜悲哀白虎五人男」作 佐藤雅通(顧問創作)

■関東
(北)埼玉県 秩父農工科学「少年神社」 コイケユタカ 作(顧問創作)
(南)神奈川 清泉女学院 「モンタージュ 〜はじまりの記憶〜」 高泉淳子・伊沢磨紀 (既成)
(共)群馬県代表 前橋南「荒野のMarchen」 民間伝承より 原澤毅一 脚色(顧問創作)

■中部日本
  愛知県 新城東「親の顔が見たい」 畑澤聖悟 作(既成)
  愛知県 愛知「紺屋高尾 」古典落語 愛知高校演劇部潤色(既成)

■近畿
  大阪府 大谷「逝ったり生きたり」 東尾咲 作(創作)

■中国
  山口県 華陵「カツっ!」フローレス・デラコリーナ 作(生徒顧問創作)

■四国
  香川県 高松工芸「Stick Out」 川田正明+演劇部(生徒顧問創作)

■九州
  鹿児島県 鹿児島「窒息」谷崎淳子 作

ふくしま総文HP高校演劇大会速報ブログ全国高等学校演劇協議会HPから情報を引用させて頂きました。
[PR]
by nabegenmember | 2011-05-14 11:29 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
『演劇と教育』2011年5月号【特集】笑いと教育

【鼎談】「笑い」と「教育」=畑澤聖悟+平井まどか+篠原久美子(司会)が掲載されている『演劇と教育』(編:日本演劇教育連盟)2011年5月号が発売されました。定価610円(本体581円)です。お求めは、全国書店、あるいは、下記、晩成書房にお問い合わせください。

[お問い合わせ先]
晩成書房
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町1-4-4
E-mail: mail@bansei.co.jp
d0203926_108577.jpg

『演劇と教育』2011年5月号【特集】笑いと教育

【ドラマの眼】笑いは孤立しない=別役実
【鼎談】「笑い」と「教育」=畑澤聖悟+平井まどか+篠原久美子(司会)
【論考】笑える台詞を書くための漫才分析=篠原久美子
【実践】「笑い」を活かした劇指導=小俣誠
【PLAY ON!】児童・青少年演劇の災害ボランティア 阪神・淡路大震災からの始まり=松本則子
【スポットライト】『道路』主催=日本劇団協議会/制作=東京演劇アンサンブル=大井則生
【連載】演劇する授業 2小学校低学年との活動[2]=すずきこーた
【論考】演劇教育のカリキュラム研究にむけて 文化実践者としての演劇人=川島裕子
【報告】演劇教育指導者養成連続セミナー《第四回》報告=高崎彰+加藤弘一
【お知らせ】演劇教育で育つ子どもたち すべての子どもに、演じる喜びと、コミュニケーションの楽しさを--第60回全国演劇教育研究集会=伊藤行雄/2011年冨田博之記念 演劇教育の記録(実践・研究)募集
【中学生向脚本】『チアリーダー伝説』=照屋洋



  
[PR]
by nabegenmember | 2011-05-12 10:21 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
青森大学演劇団「健康」第27回公演
『俺の屍を越えてゆけ』


脚本
畑澤聖悟(渡辺源四郎商店店主・劇作家・演出家)

演出
清水司(劇団SOUTHERN COMFORT 代表・劇作家・演出家)

キャスト
柴山大樹(青森大学演劇団「健康」OB/劇団夢遊病社代表・劇作家・演出家)
萱森由介(青森大学演劇団「健康」OB/青森大学演劇団「健康」顧問)
對馬俊樹(青森大学演劇団「健康」所属・青森大学1年)
藤本一喜(劇団野の上所属)
蝦名奈央(青森大学演劇団「健康」OG)
高橋美帆(青森山田高校演劇専攻課3年)


公演日程
2011年4月26日(火)~28日(木)
開場17:30 開演18:00
(上演時間は1時間を予定しております)


会場
青森大学大学院 講義棟 1F入り口付近


料金
無料(但し、各回30名まで完全予約制)


お問い合せ・ご予約
青森大学演劇団「健康」(青森市幸畑2-3-1)
TEL:090-6994-1578(萱森)
E-mail: aodai_kenko@yahoo.co.jp(代表)
      aodai_kenko_ticket@yahoo.co.jp(チケット予約専用)

詳しくは
青大健康「俺カバ」日記 特設ブログでご確認ください。


皆様のご来場、心よりお待ちしております!
[PR]
by nabegenmember | 2011-04-25 22:34 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
劇団昴『 親の顔が見たい』 首都圏、静岡県演鑑連巡演

【日程】2011年3月4日(金)~4月5日(火)
【巡演都市】城北、掛川、磐田、浜松北、浜松、島田、静岡、清水、沼津、 伊豆、下田、伊東、富士、藤枝、富士宮

作=畑澤聖悟(渡辺源四郎商店・店主)
演出=黒岩亮(劇団青年座)

劇団昴HPは、こちら
[PR]
by nabegenmember | 2011-01-29 23:58 | 畑澤聖悟 | Comments(0)