ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

カテゴリ:工藤千夏( 59 )

演劇ぶっく 2014年10月号

えんぶ発行の隔月刊「演劇ぶっく」2014年10月号 に、工藤千夏が聞き手となった山崎彬氏×谷賢一氏のインタビューが掲載されました。お値段は750円。お求めは全国書店か、Fujisan co.jp でどうぞ。
d0203926_18113976.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2014-09-26 18:17 | 工藤千夏 | Comments(0)
月刊「悲劇喜劇」2014年10月号 劇作家は語る


早川書房発行の月刊「悲劇喜劇」2014年10月号 劇作家は語る に、工藤千夏が寄稿しました。お値段は1,337円。お求めは全国書店か、hayakawa online でどうぞ

『悲劇喜劇』10月号特集は総勢40名以上の劇作家が登場。豊岡市城崎温泉にて九年ぶりに開催された劇作家大会を軸にした同号では、大会で劇作家同士が集うことで生まれた劇作活動における課題や劇作の意義、城崎にて感じたことなどを執筆。戯曲は大会での企画「対決!劇作の鉄人」で生まれた鉄人の劇作家マキノノゾミと鐘下辰男の共作と挑戦者の作品、16人の劇作家がリレー形式で作り上げた「日めくり半七物語」、松野井雅ひとり芝居、赤澤ムック「万華鏡三景」の三作を掲載。深津篤史の足跡とその仕事を宮田慶子、小堀純、喜志哲雄、山口宏子が、俳優の斎藤晴彦の追悼を津野海太郎、佐藤信、山本健一が執筆。

 
特集=劇作家は語る
 
「劇作家大会」、その先にあるもの/坂手洋二
劇作家の仕事/渡辺えり
いまだ、道半ば/平田オリザ
劇作家という仕事/鴻上尚史
テキトーに語らせてもらいます/北村想
「劇作の鉄人」始末/マキノノゾミ
「感性」は大切か?/鐘下辰男
テーマ探し/横内謙介
日本劇作家大会に参加して/林海象
劇作家という不思議な存在/松本修
劇作家大会を終えて/中津留章仁
おつかれさまでした。/工藤千夏
「地域交流シンポジウム」は実は……!/佃典彦
全ての始まりは地酒かな/内藤裕敬
城崎の一夜/青木豪
裸で劇作家について考えました/柴幸男
崇高な演劇賛歌/谷賢一
ホモベースボールクラブ/山崎彬
記憶とイメージ 青龍洞でのAIR/堀川炎
『乱歩の恋文~芝居小屋バージョン~』/長田育恵
ビバ城崎/わかぎゑふ
土地と人が出会う場所/岩崎正裕
名刺代わりのベビー/棚瀬美幸
城崎で経験したこと/樋口ミユ
万華鏡覗く城崎/赤澤ムック
幻の夜/松野井雅
劇作家大会とは何ぞ/長塚圭史
スペシャル座談会「近代劇・新劇・現代劇」/小松幹生×ふじたあさや 司会・長塚圭史

■巻頭エッセイ
城崎にて/岩松了

詳細目次はこちら
d0203926_17551788.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2014-09-26 18:01 | 工藤千夏 | Comments(0)
青春アドベンチャー
カラー・ライフ(再)(全10回)
詩人、劇作家ら10人の書き手が紡ぐ「色をめぐる10の物語」


2012年にNHK FMで放送された工藤千夏のラジオドラマが、8月28日(木)午後10時45分から再放送されます。

【NHK FM】
8月25日(月)~8月29日(金) 午後10時45分~午後11時(1-5回)
9月1日(月)~9月5日(金) 午後10時45分~午後11時(6-10回)
【出演者】
大路恵美 内田健介
山野史人 此島愛子 倉野章子 原口健太郎
羽場睦子 吉見一豊 佐古真弓 徳永えり
二瓶鮫一 大方斐紗子 斉藤暁
【作】
吉田小夏「一膳の赤」
鎌田順也「青空の彼方へ」
フジノサツコ「白い霧の家」
工藤千夏「桃色迷路」
蜂飼耳「茶色いカバン」
中津留章仁「灰の音(はいのね)」
大河内聡「黄身の声」
日和聡子「紫のハイヒール」
大橋秀和「黒髪の固まり」
和合亮一「緑の使者」
【スタッフ】
演出:江澤俊彦
技術:金子泰三
音響効果:菊地亮 米本満 
選曲:石原慎介
【あらすじ】
オーディオドラマ短編競作シリーズの金字塔”ライフシリーズ”第5弾。
過去4シリーズでの執筆陣を一新し、首都圏で活躍する気鋭の劇作家6名に、第一線の詩人3名を加え、さらにパワーアップする1話完結の短編ドラマの10本シリーズ。
今回の通しモチーフは、「色」。
「赤」「青」「黄」「緑」など、10の≪色≫をモチーフに、冒険物語、ファンタジー、人情噺、コメディー、ホラー、SF、恋愛もの、などバラエティーに富んだ10の全く違う物語を、大路恵美と内田健介の二人が通しで演じていく。

http://www.nhk.or.jp/audio/html_se/se2014015.html
[PR]
by nabegenmember | 2014-07-31 19:53 | 工藤千夏 | Comments(0)
BoroBon企画公演
『カナタノヒトヘ』「星守る犬~絵空箱バージョン~」   作・演出:工藤千夏

「クリバヤシキャロル」作:小川未玲・構成演出:BoroBon企画


2004年に水下きよし主演で、こまばアゴラ劇場、スタジオ・デネガ(弘前)、南青山マンダラで上演した『星守る犬』をリーディング形式で、絵空箱バージョンとして再演します。

☆日時  2014年8月7日〜10日
8月7日(木) 19:00
8月8日(金) 19:00
8月9日(土) 14:00 /19:00
8月10日(日) 14:00  (全5回)
 ※受付開始・開場は開演の1時間前

☆会場
Performing Galley & Cafe 絵空箱
有楽町線江戸川橋1b出口徒歩5分(1b出口階段上り直進 コンビニ手前を左折 居酒屋すみれの向かい)

☆料金
3500円(ワンドリンク付) 

☆ご予約・お問合せ
borobon.k.k@gmail.com
(ご予約はお名前・ご希望日時・枚数・お電話番号を左記にメールでお送りください。G メールを受信できる環境にしてお待ちください)


作・演出:工藤千夏「星守る犬~絵空箱バージョン~」

作:小川未玲・構成演出:BoroBon企画「クリバヤシキャロル」

☆出演
井上啓子
伊原農(ハイリンド)
瓜生和成(東京タンバリン)
川西佑佳(扉座)
伴美奈子(扉座)
山藤貴子(PM/飛ぶ教室)

☆照明
平井奈菜子(La Sens)

☆音響
小町香織

☆企画・制作
BoroBon企画

d0203926_15584380.jpg

        
[PR]
by nabegenmember | 2014-06-25 16:01 | 工藤千夏 | Comments(0)
日本劇作家協会 戯曲朗読研究会『月いちリーディング』


USTREAM配信しています。
こちらから、どうぞ。
http://www.ustream.tv/recorded/44354552

【3/1(土)録画配信中】
・3月の戯曲:吉田康一『たぶん顔がわり 』

【ゲスト】青木豪  工藤千夏
【出演】 出水由起子(突スタイル) 加藤蚊
     瀧川英次(七里ガ浜オールスターズ) 竹田まどか     
【コーディネイター】 夏井孝裕
【ファシリテイター】 長谷基弘

◎『月いちリーディング』とは
その名の通り、定期開催の戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ。
俳優によるドラマリーディングと、その場に集った全員で行なう、戯曲についてのディスカッションから成り立っています。

ドラマリーディングは大きな演出をつけずファシリテイトにとどめ、戯曲の構造や文脈を正確に届け、聞き手それぞれが舞台を思い描けるようにする方法を取っています。

ワークショップのメインはディスカッションで、以下のような段階を踏んで行なわれます。
1)よい点、魅力的な点、好きだった点を細かいことであれ述べる。
2)作者から聞き手に、迷っていることやどう思われたか気になることなどを質問する。
3)リーディングを聞いた方々から作者に、わからなかったところや疑問に思う点を質問する。
4)(作者が希望すれば)否定的感想も含めた忌憚のない意見交換をする。
進行はファシリテイターが担いますが、司会のような大きな介入は控え、自然醸成の雰囲気をできるだけ大切にしています。
---------------------------------
~ドラマリーディング+ディスカッションの、戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ~
3月の『月いちリーディング』

ご予約は2月3日(月)より承ります ⇒ ご予約はこちら

【開催日時】 2013年3月1日(土) 18:00 (21:00頃までには終了の予定です)
【会場】座・高円寺 (JR高円寺駅 北口より徒歩5分)
    地下3階 けいこ場2
【参加費】 無料
【ゲスト】青木豪、工藤千夏
【コーディネイター】 夏井孝裕
【ファシリテイター】 長谷基弘

文化庁委託事業「平成25年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁/一般社団法人日本劇作家協会
制作:一般社団法人日本劇作家協会
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺
[PR]
by nabegenmember | 2014-03-12 13:03 | 工藤千夏 | Comments(0)
せんだい短編戯曲賞2013「最終候補作品集」

工藤千夏『パーマ屋さん』も収録されている、第1回せんだい短編戯曲賞の最終候補作品11篇を収録した戯曲集『せんだい短編戯曲賞2013』[最終候補作品11篇収録]が発売になりました。充実の審査会再録も掲載。

■発売日  平成25年9月11日(水)
■料金   2,100円(税込)

■購入方法 
◎窓口購入  
せんだい演劇工房10-BOX
日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)
      
◎ネット購入 
劇都仙台オフィシャルサイトのご購入フォームよりお申込みください。なお、ネット購入の場合、代金は送料とともに郵便振替にてお支払いただきます。
※送料は申込内容の確認及び振替案内のメールを返信する際にお伝えいたします。
  
■お問合せ せんだい演劇工房10-BOX
      〒984‐0015仙台市若林区卸町2丁目12-9
      TEL:022-782-7510


【収録作品】
『止まらない子供たちが轢かれてゆく』綾門 優季東京都
『アマゾン』石神 夏希神奈川県
『三月十一日の夜のはなし』オノマ リコ神奈川県
『耄碌車リン軸ヂャヤ』カゲヤマ気象台東京都
『目病み猫と水のない水槽』川津 羊太郎熊本県
『パーマ屋さん』工藤 千夏東京都
『この青空は、ほんとの空ってことでいいですか?』佐藤 茂紀福島県
『三月の葡萄』西 史夏兵庫県
『親愛なる我が総統』古川 健東京都
『Zero Plus (0+)』三井 快東京都
『人の気も知らないで』横山 拓也大阪府
[PR]
by nabegenmember | 2013-09-12 15:08 | 工藤千夏 | Comments(0)
『演劇と教育』2013年3月号
【特集】子どもたちの<戦争と平和>


編 日本演劇教育連盟
定価 610円(本体581円)

【ドラマの眼】"わたし"と向き合う平和学習=石岡史子

【報告】
「ヒロシマ」と向き合う 舟入高校での取り組みから=黒瀬貴之
感じる平和教育『真夜中の太陽』の場合=工藤千夏
「非戦を選ぶ演劇人の会」がやってきたこと=丸尾聡

【新連載】
里山の子どもたちが楽しんだ群読・朗読劇 
子どもの文化芸術体験事業を通して 1低学年実践事例=内部恵子
【群読脚本・1年生向】
『あいうえおばけ』高丸もと子=作/内部恵子=構成/物部一郎=音楽
【群読脚本・2年生向】
『かくれんぼ』高丸もと子=作/内部恵子=構成/物部一郎=音楽

【新刊旧刊】
『中学生のドラマ10 絆ー北から南から』(日本演劇教育連盟=編)=横須賀とも子
【スポットライト】
『不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会』兵庫県立ピッコロ劇団=今泉おさむ
【PLAY ON!】
審査の観点 人間が描かれているか…闇がひらかれたか…ー第128回大阪府中学生演劇祭=浜口瑞史
【上演情報】
3月に行われる中学・高校演劇

【お知らせ】
2013年子どもが上演する劇 脚本募集
2013年冨田博之記念 演劇教育の記録(実践・研究)募集
2013全劇研NEWS 第62回全国演劇教育研究集会 第1報

【連載】
出会いいっぱいの教室に!10[最終回]伝わった? 工夫した? 協力してできた?ーふりかえる=すずきこーた

【地域発!58 北海道】
なきむしミーシャ、サハリンをいく? さっぽろ市民ミュージカル サハリン公演の記録=金田一仁志
3月の本棚
まわり舞台
4月号のお知らせ
事務局からの手紙
編集だんわ室

日本演劇教育連盟
ご注文は
日本演劇教育連盟
ご注文はへ。ご住所とお名前、ご希望の雑誌の年・月号を必ずご記入ください。
定価 通常号 610円+送料80円   1+2月合併号・5月号・8+9月合併号 1050円+送料80~100円

d0203926_14195912.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2013-03-11 14:25 | 工藤千夏 | Comments(0)
劇団民藝月報「民藝の仲間」2013年2月号&劇団民藝HP


劇団民藝『真夜中の太陽』関連で、工藤千夏が劇団民藝月報「民藝の仲間」2月号(2013年2月1日発行)に寄稿した「谷山浩子の音楽世界―少女と黒い猫と白い猫―」が、民藝HPに転載されました。

こちらで読めます。



※民藝では公演情報などを掲載した月刊「民藝の仲間」を発刊しています。どなたさまも年間1,000円で定期購読できます。詳細は月刊紙定期購読のページをご覧ください。
[PR]
by nabegenmember | 2013-02-04 22:20 | 工藤千夏 | Comments(0)
青年団国際演劇交流プロジェクト2012
ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業 Jeune Scène 2012-2013
『Anamorphosis アナモルフォーシス』


コンセプト・演出・舞台美術:フィリップ・ケーヌ

青年団の実験工房・アトリエ春風舎から世界へ。
演劇そのものを見つめる確かな視線と壮大な遊び心で観客を魅了する、演出家フィリップ・ケーヌ。
彼と青年団女優4人との出会いが生み出す「アナモルフォーシス(歪み絵)」は、いったいどんな像を結び、何をそこに映し出すのか。
青年団国際演劇交流プロジェクト最新作、アトリエ春風舎にて世界初演!

【出演】
村田牧子 木引優子 鄭 亜美 中村真生

【スタッフ】
舞台監督:大友圭一郎 伊藤 新 シリル・ゴメス=マチュー
装置協力:鈴木健介 乘峯香苗
照明協力:西本 彩 山岡茉友子 山口久隆(S-B-S)
音響協力:泉田雄太 足立 誠
テクニカルマネージャー:播間愛子
通訳:平野暁人
演出助手:工藤千夏
字幕翻訳:齋藤晴香
字幕協力:秋山建一 佐山和泉
フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)
制作:木元太郎 西尾祥子(システマ)

【会場】アトリエ春風舎
東京メトロ有楽町線・副都心線/西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩3分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)
※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。

【公演日程】2013年2月7日(木)-11日(月・祝)
7日(木)19:30
8日(金) 19:30
9日(土) 19:00
10日(日)19:00
11日(月)15:00
受付開始=開演の30分前、開場=開演の20分前
※開演5分前を過ぎますと、予約がキャンセルとなる場合がございます。
※開演後のご入場はお断りする場合がございます。
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。

【チケット料金】
■予約・当日共 一般:2,500円 ユース(25歳以下):2,000円
※ユース(25歳以下)の方は、当日受付にて年齢を確認できる証明書をご提示ください。
※日時指定・全席自由席・整理番号付

【チケット取り扱い・お問い合わせ】
青年団 tel.03-3469-9107(12:00~20:00)
青年団チケットオンライン販売 こちら

総合プロデュサー:平田オリザ
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場/ヴィヴァリウム・ステュディオ
共同製作:(有)アゴラ企画、こまばアゴラ劇場/ジュヌヴィリエ国立演劇センター/アンスティチュ・フランセ日本/ベルリンHAU劇場
助成:アンスティチュ・フランセ日本-外務・ヨーロッパ問題省レジデンスプログラムThéâtre Export
著作権代理:(株)フランス著作権事務所

d0203926_82282.jpg


広報用の映像
『セルジュの特殊効果』映像 
(2012年横浜[TPAM in Yokohama]で上演された作品のダイジェスト映像です。)


【他会場での公演予定】
<横浜公演 TPAM in Yokohama 2013「インターナショナル・ショーケース」>
日時:2013年 2月13日(水)12:30/18:45  ※英語字幕付き上演(予定)
会場:KAAT 神奈川芸術劇場<中スタジオ>
主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013 実行委員会
http://www.tpam.or.jp/

<ワールドツアー>
(12年12月現在)
2013年
3月19日(火)、20日(水) ゲント[ベルギー] Vooruit
3月22日(金)        モーブージュ[フランス] Festival VIA/Focus Théâtre
4月上旬            ユトレヒト[オランダ] Tweetakt Festival
4月11日(木)、12日(金) アムステルダム[オランダ] Frascati
4月中旬            エッセン[ドイツ] PACT Zollverein
4月19日(金)        エデ[フランス] Théâtre De Poche
4月22日(月)〜26日(金) ジュヌビリエ[フランス] CDN Théâtre de Gennevilliers
5月1日(水)〜4日(土)   ベルリン[ドイツ] HAU
5月上旬            エアランゲン[ドイツ] Internationales Figurentheater-Festival
[PR]
by nabegenmember | 2013-02-02 10:14 | 工藤千夏 | Comments(0)
三ツ倉美容館・渡辺源四郎商店 Presents
うさぎ庵Vol.11
借景芝居『パーマ屋さん』

作・演出 工藤千夏

<出演>
各務立基
山藤貴子(PM/飛ぶ教室)
天明留理子(青年団)
石橋亜希子(青年団)

三ツ倉宏次(Claire)

【スタッフ】
舞台監督:伊瀬谷早紀
宣伝美術:工藤規雄(Griffe inc.)
写真:田中流
映像:深田晃司
プロデュース:佐藤誠(渡辺源四郎商店)
総合プロデュース:畑澤聖悟(渡辺源四郎商店)
制作:植村ケイ子、木村麻奈美(Claire)、西後知春(渡辺源四郎商店)

【協力】
Claire、アーツビジョン、PM/飛ぶ教室、青年団、レトル

<あらすじ>
沢木(各務立基)は、かつてカリスマ美容師として知られた男。今は、池ノ上の美容院Claireを経営しているのだが……。

■公演スケジュール
2013年3月1日(金)〜3日(日)
3月1日(金)①14:00★/②17:30/③20:00     
3月2日(土)④14:00/⑤17:30/⑥20:00 
3月3日(日)⑦20:00 
※受付開始・開場は開演の30分前。
※上演時間は約40分を予定。
※ワンドリンクは受付時にお選び頂きます。(ビール、ソフトドリンク等)

■チケット
4,000円(各回18席・完全予約制・ワンドリンク付・税込)
2,000円(★3月1日14:00の回は、ワンドリンクなし、プレビュー公演の特別料金)

■チケット発売日 2013年1月15日(火)

【会場】
Claire クレール
〒155-0032 東京都世田谷区代沢2ー36−23
TEL 03−3411−3755
京王井の頭線「池ノ上」駅(渋谷から各駅で3つ目)改札は一つ。階段降りて左側に徒歩1分
※会場には駐車場がございません。公共の交通機関などをご利用下さい。

【チケット取り扱い・お問い合わせ】
渡辺源四郎商店 TEL 080−1269−6158
渡辺源四郎商店オンライン予約 http://www.nabegen.com/


【企画制作】なべげんわーく合同会社、渡辺源四郎商店
【主催】三ツ倉美容館
【共催】Deadlyhair
d0203926_18391137.jpg

<ごあいさつ>
その場所に魅かれ、その空間でドラマを見たいと思うことがある。これまで、新宿のバー兎、横浜の東京ガス料理教室、青森市さんふり横丁を借景した芝居を創った。「そこ」だからこそ生まれた芝居。「そこ」でなければできない芝居。「借景芝居」とは、場所に宛書きした芝居なのである。今回は、井の頭線池ノ上駅からほど近いClaireという美容院を借景する。髪を切る、染める、セットをする、パーマをかける……そういった具体的なことより、もっと違うものを求めて人は美容院という場所に行くのではないか。そんなことを考えさせる場の力を持った空間、Claireが3月25日をもって閉店するという。最後の小さな打上げ花火のような借景芝居、息の見える近さで、どうぞお楽しみください。
2013年1月 うさぎ庵庵主 工藤千夏

うさぎ庵は、工藤千夏が主宰するプロデュースユニット。青年団リンクを経て、2013年1月より、なべげんわーく合同会社が劇団渡辺源四郎商店とともに運営しています。

プロフィール
●工藤千夏 Chinatsu Kudo 
劇作家・演出家。うさぎ庵主宰。青年団演出部所属。渡辺源四郎商店ドラマターグ。2013年2月劇団民藝に『真夜中の太陽』を書き下ろす。

●各務立基 Riki Kagami  
俳優座、花組芝居を経てフリー。うさぎ庵『男たちのお料理教室』『桃色淑女』に出演。

●山藤貴子 Takako Yamafuji
PM/飛ぶ教室所属。うさぎと猫の芝居小屋『真夜中の太陽』のタカコ先生オリジナル・キャスト。

●天明留理子 Ruriko Temmyo
青年団所属。うさぎ庵『蟹か二か弐か』『七歳の孫にジンを二杯飲ませた祖母』『女と女と棺と女』『ウィリアムの仇討ち』他多数。

●石橋亜希子 Akiko Ishibashi
青年団所属。渡辺源四郎商店×東京デスロック『月と牛の耳』(作:畑澤聖悟、演出:多田淳之介)他。うさぎ庵は初出演。

●三ツ倉宏次  
実際にClaire店長である。高校時代に演劇を志していたが美容師の道へ。この公演を実現に導いたプロデューサーでもある。
[PR]
by nabegenmember | 2013-01-19 18:46 | 工藤千夏 | Comments(1)