ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

カテゴリ:工藤千夏( 59 )

青年団国際演劇交流プロジェクト2012
ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業 Jeune Scène 2012-2013
『Anamorphosis アナモルフォーシス』


コンセプト・演出・舞台美術:フィリップ・ケーヌ

2013年2月7日(木)-11日(月・祝) アトリエ春風舎
7日 木 19:30
8日 金 19:30
9日 土 19:00
10日 日 19:00
11日 月15:00

チケット取り扱い・お問い合わせ
青年団tel. 03-3469-9107(12:00~20:00)
青年団チケットオンライン販売はこちら

<横浜公演 TPAM in Yokohama 2013「インターナショナル・ショーケース」>
日時:2013年 2月13日(水)12:30/18:45  ※英語字幕付き上演(予定)
会場:KAAT 神奈川芸術劇場<中スタジオ>
主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013 実行委員会
http://www.tpam.or.jp/

【出演】
村田牧子 木引優子 鄭 亜美 中村真生

【スタッフ】
舞台監督:大友圭一郎
装置協力:鈴木健介 長内香苗
照明協力:西本 彩 山岡茉友子
音響協力:泉田雄太
通訳:平野暁人
演出助手:工藤千夏
字幕翻訳(横浜公演):齋藤晴香
字幕協力(横浜公演):秋山建一 佐山和泉
フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)
制作:木元太郎 西尾祥子(システマ)

総合プロデュサー:平田オリザ
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場/ヴィヴァリウム・ステュディオ
共同製作:(有)アゴラ企画、こまばアゴラ劇場/ジュヌヴィリエ国立演劇センター/アンスティチュ・フランセ日本/ベルリンHAU劇場
助成:アンスティチュ・フランセ日本-外務・ヨーロッパ問題省レジデンスプログラムThéâtre Export


2013年
3月19日(火)、20日(水) ゲント[ベルギー] Vooruit
3月22日(金)        モーブージュ[フランス] Festival VIA/Focus Théâtre
4月上旬            ユトレヒト[オランダ] Tweetakt Festival
4月11日(木)、12日(金) アムステルダム[オランダ] Frascati
4月中旬            エッセン[ドイツ] PACT Zollverein
4月19日(金)        エデ[フランス] Théâtre De Poche
4月22日(月)〜26日(金) ジュヌビリエ[フランス] CDN Théâtre de Gennevilliers
5月1日(水)〜4日(土)   ベルリン[ドイツ] HAU
5月上旬            エアランゲン[ドイツ] Internationales Figurentheater-Festival
[PR]
by nabegenmember | 2013-01-07 18:34 | 工藤千夏 | Comments(0)
劇団民藝公演『真夜中の太陽』

 ラフカット2009、うさぎと猫の芝居小屋Vol.1、Vol2で、工藤千夏自身が作・演出した『真夜中の太陽』が、日色ともえ主演、劇団民藝で上演されます。
 2013年2月19日には、原案・音楽の谷山浩子とのトークを予定。

『真夜中の太陽』
原案・音楽=谷山浩子 
作=工藤千夏 
演出=武田弘一郎

【日程】2013年2月13日(水)~24日(日)
【会場】紀伊國屋サザンシアター

【キャスト】
日色ともゑ、
中地美佐子、齊藤尊史、平松敬綱、望月香奈、大黒谷まい、齊藤詩織、八木橋里紗、平山晴加、山田志穂、金井由妃、高木理加、田口かすみ、野田香保里、山内さとみ

【スタッフ】
装置……松岡 泉
照明……前田照夫
衣裳……緒方規矩子
効果……岩田直行

【東京公演日程】
2013年2月13日(水)~24日(日)
13水 19:00
14木 14:00
15金 14:00
16土 14:00
17日 14:00
18月 14:00
19火 19:00
20水 14:00
21木 14:00
22金 19:00
23土 14:00
24日 14:00

※19日終演後、谷山浩子さんと工藤千夏さんによるアフタートークをおこないます
※17日・20日・22日終演後、出演者との交流会をおこないます
※土日公演に無料託児サービス(要予約)

前売開始 2012年11月27日(火)

【入場料】(全席指定・消費税込)
一般 6,300円
学生割引 3,150円
夜チケット 4,000円(夜公演全席)

【お申し込み】
劇団民藝 TEL044-987-7711(月~土 10時~18時)
チケットぴあ TEL0570-02-9999(Pコード424-551)
ローソンチケット TEL0570-084-003(Lコード39637)
キノチケットカウンター 新宿東口・紀伊國屋書店本店5階 店頭販売のみ(10:00~18:30)

【あらすじ】
 太平洋戦争末期、ミッション系の女学生たちが音楽室で空襲に遭います。女学生たちは防空壕に避難しようとするのですが、「防空壕に入っちゃダメ!」と叫ぶ女学生がいました。その女学生はよく見るとおばあちゃんでした。
 彼女は楽譜を音楽室にとりに戻ったため、一人生き残った女学生で、防空壕のなかで亡くなった友だちを助けようと、70年近いときをへてふたたびあの日に還ってきたのでした……。

劇団民藝HPは、こちら。
d0203926_1432823.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2012-10-31 23:46 | 工藤千夏 | Comments(0)
『グラフ青森 青森の暮らし』2012年7・8月号 NO.379 発売
特集 青森の船旅 / 八甲田ぐるり旅

「まいどっ、渡辺源四郎商店です!」第37回(最終回)掲載の『グラフ青森 青森の暮らし』2012年7・8月号 NO.379が発売されました。2007年10月号から5年に渡り連載させて頂いたシリーズの最終回です。長い間ご愛読頂き、ありがとうございました。

青森県内の書店で絶賛発売中。

<お問い合わせ>
有限会社 グラフ青森
電話 017-777-9765
mail info@graphaomori.jp

定期購読、バックナンバーご希望の方もどうぞ。
  年間購読料 3,600円(税・送料込)
  バックナンバー1冊 670円(税込・送料サービス)
http://www.graphaomori.jp/
[PR]
by nabegenmember | 2012-09-15 12:28 | 工藤千夏 | Comments(0)
エフエム世田谷「シアターF」
花組芝居ラジオドラマ『八月の再会』


【放送日】2012年8月8日(水)21時〜

エフエム世田谷(83.4MHz)で毎週水曜日午後9時OnAirの演劇ラジオ「シアター F」。その中の番組内ゲストコーナー「井戸端ラジオ」毎月第2週は花組芝居(加納幸和、水下きよし、植本潤、大野裕明がローテーション)が担当。2009年から始まったこの工藤千夏書き下ろし、水下きよし演出のラジオドラマ・シリーズ、今回は8本目となります。

『八月の再会』
作:工藤千夏
演出:水下きよし
出演:大井靖彦、嶋倉雷象、堀越涼、水下きよし
インターネット配信はこちらから。FM世田谷83.4MHz サイマル実験放送ページ

d0203926_13281759.jpg


◎バックナンバーはこちらからどうぞ。全作品の演出は、水下きよし。

2009年4月放送 『左手のための夜想曲』 出演:山下禎啓、嶋倉雷象
2009年8月放送 『ラストソング』 出演:北沢洋、水下きよし
2009年12月放送 『三人のサンタクロース』 出演:北沢洋、大井靖彦、原川浩明
2010年7月放送 『ビールの海』 出演:大井靖彦、丸川敬之、水下きよし
2010年10月放送 『男子の本懐』 出演:各務立基、大井靖彦
2011年5月放送 『I LOVE ROBOTS』 出演:北沢洋、磯村智彦、堀越涼
2011年10月放送 『母の遺言』 出演:植本潤、岡本篤(劇団チョコレートケーキ)、水下きよし
[PR]
by nabegenmember | 2012-08-05 13:30 | 工藤千夏 | Comments(0)
『グラフ青森 青森の暮らし』2012年5・6月号 NO.378 発売
特集 青森をつくる人 / 青森の市町村の魅力紹介 今回は黒石市の魅力!

工藤千夏が連載中の「まいどっ、渡辺源四郎商店です!」第36回掲載の『グラフ青森 青森の暮らし』2012年5・6月号 NO.378が発売されました。劇団員の横顔をひとりずつ紹介する「劇団員紹介」コーナーは、高坂明生をクローズアップ。
d0203926_1427655.jpg

青森県内の書店で絶賛発売中。

<お問い合わせ>
有限会社 グラフ青森
電話 017-777-9765
mail info@graphaomori.jp

定期購読、バックナンバーご希望の方もどうぞ。
  年間購読料 3,600円(税・送料込)
  バックナンバー1冊 670円(税込・送料サービス)
http://www.graphaomori.jp/
[PR]
by nabegenmember | 2012-07-14 14:28 | 工藤千夏 | Comments(0)
『グラフ青森 青森の暮らし』2012年3・4月号 NO.377 発売
特集 青森をつくる人 / 青森の市町村の魅力紹介


工藤千夏が連載中の「まいどっ、渡辺源四郎商店です!」第35回掲載の『グラフ青森 青森の暮らし』2012年3・4月号 NO.377が発売されました。劇団員の横顔をひとりずつ紹介する「劇団員紹介」コーナーは、三上晴佳をクローズアップ。

世代交流あおもり市民劇『八甲田丸の1700万人』の詳細も掲載しています。

青森県内の書店で絶賛発売中。

<お問い合わせ>
有限会社 グラフ青森
電話 017-777-9765
mail info@graphaomori.jp

定期購読、バックナンバーご希望の方もどうぞ。
  年間購読料 3,600円(税・送料込)
  バックナンバー1冊 670円(税込・送料サービス)
http://www.graphaomori.jp/
[PR]
by nabegenmember | 2012-05-19 17:45 | 工藤千夏 | Comments(0)
ドラマチック日本語コミュニケーション
「演劇で学ぶ日本語」リソースブック


野呂博子・平田オリザ・川口義一・橋本慎吾 編
ISBN 978-4-904595-19-0 定価2,000円+税 A5判 並製 272頁
2012年3月23日刊行

日本語教育史上初となる「演劇」を活用した教室活動のリソースブック。豊富な活動実践例を紹介しています。さらに、劇作家平田オリザ監修の書き下ろしシナリオ(岩井秀人、工藤千夏、柴幸男)を活用ガイドとともに収録。

d0203926_11132973.jpg


《目次》
第1部 理論編 なぜ演劇・ドラマは日本語コミュニケーション教育に役立つのだろう?
序章 演劇的アプローチでイキイキコミュニケーション 野呂博子
第1章 演劇を活用した日本語音声教育 橋本慎吾
第2章 「文脈化」で学ぶ文法: 日本語教育における「演じること」の意味 川口義一
第3章 一劇作家から見た日本語教育の課題と展望 平田オリザ

第2部 実践編 演劇・ドラマを日本語学習に取り入れよう!
第4章 日本語学習実践ゲーム集
よく聞いて、声を出そう!: 身体性にフォーカスしたゲーム
[ゲーム1 カウントアップ/ゲーム2 仲間作りゲーム/ゲーム3 わたし-あなた/ゲーム4 目隠し鬼/ゲーム5 イエス・アンド・イェー]
まりボールで言葉を引き出す
[ゲーム6 ひらがなコーラス/ゲーム7 間違いはGood!頭とりゲーム/ゲーム8 漢字連想 連想でコミュニケーション]
協同してコミュニケーションを築こう!: 関係性にフォーカスしたゲーム
[ゲーム9 似たもの同士?/ゲーム10 アイウエオ-1/ゲーム11 アイウエオ-2/ゲーム12 シと言ったら負け/ゲーム13 ひとこと自己紹介/ゲーム14 タブロー(一枚の絵)/ゲーム15 フリーストーリー/ゲーム16 みんなで読もう/ゲーム17 仲間探し]

第5章 長期積み上げアクティビティ例
「文脈化」指導のための教室活動
[アクティビティ1 チャンピオンのスピーチ/アクティビティ2 出席ゲーム/アクティビティ3 文法スキット]
劇『東京ノート』を教材に

第6章 スキット: ヒントと活動例
[スキット1 少しだけ足してみよう!/スキット2 4 コママンガを使ったミニスキット/スキット3 ここはどこ?/スキット4 ひとこと会話/スキット5 じゃあこうしましょうか?/スキット6 問題のある会話を作る:誘い/スキット7 会話文を身体で読もう/スキット8 依頼者を探せ-1/スキット9 依頼者を探せ-2]


第3部 平田オリザ監修 日本語学習者のためのシナリオ
第7章 シナリオ活用ガイド
第一話:進路
第二話:お葬式
第三話:クリスマスとお正月

[PR]
by nabegenmember | 2012-05-12 11:22 | 工藤千夏 | Comments(0)
池袋コミュミティカレッジ
青年団の演劇入門「参加する演劇」を体験してみよう


http://cul.7cn.co.jp/programs/program_511406.html

大好評を博した連続ワークショップ講座『青年団の演劇入門』が、2年ぶりに開催されます。4~5月の3回の講座では、青年団を主宰する平田オリザが提唱する現代口語演劇を多角的に体験いただきます。6月からの”実践編”講座では、ワークショップデザイナーとしても活動し、全国各地で様々なワークショップを展開している青年団演出部の田野邦彦の指導のもと、グループ創作と稽古を重ね、最後にその成果を池袋コミュニティ・カレッジ内の特設会場で発表公演として披露します。演劇作品が生み出されていく過程を体験することで、これまでと違う演劇の見方や楽しみ方を知る貴重な機会となるはずです。

2回・3回目は、俳優として長年青年団の舞台に立ち、近年は演出家として平田オリザの戯曲に取り組むなど表現の幅を広げている木崎友紀子(5/13)、そして演出部の創設時から以前から青年団に所属し、自身も劇作家・演出家として活躍する工藤千夏(5/27)が平田オリザの戯曲を用いて講座を展開します。

d0203926_1174767.jpg


【曜日・時間帯】第2・4日曜 15:45~18:45 ※開催日4/22から
【回数】15回
【講師】青年団主宰 平田オリザ
    青年団 木崎友紀子・工藤千夏・田野邦彦

体験・見学体験不可
お問い合わせ03-5949-5481 
[PR]
by nabegenmember | 2012-05-12 11:05 | 工藤千夏 | Comments(0)
NHKーFM「青春アドベンチャー」に工藤千夏がラジオドラマ書き下ろし

NHKーFM「青春アドベンチャー」(FM 月曜~金曜日 22時45分)のオーディオドラマ短編競作シリーズの金字塔"ライフシリーズ"第5弾『カラー・ライフ』の放送が決定。過去4シリーズでの執筆陣を一新し、首都圏で活躍する気鋭の劇作家6名に、第一線の詩人3名を加え、さらにパワーアップする1話完結の短編ドラマの10本シリーズ。今回の通しモチーフは「色」。「赤」「青」「黄」「緑」など、10の≪色≫をモチーフに、冒険物語、ファンタジー、人情噺、コメディー、ホラー、SF、恋愛もの、などバラエティーに富んだ10の全く違う物語を、大路恵美と内田健介の二人が通しで演じていく。

工藤千夏の『桃色迷路』は5月17日(木) 22:45~23:00放送予定。

NHKネットラジオ「らじる★らじる」でインターネット同時配信もします。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/

『カラー・ライフ』(全10回)

【放送日】
5月14日(月)~5月18日(金) 22:45~23:00(1-5回)
5月21日(月)~5月25日(金) 22:45~23:00(6-10回)

作:
吉田小夏「一膳の赤」
鎌田順也「青空の彼方へ」
フジノサツコ「白い霧の家」
工藤千夏「桃色迷路」
蜂飼耳「茶色いカバン」
中津留章仁「灰の音(はいのね)」
大河内聡「黄身の声」
日和聡子「紫のハイヒール」
大橋秀和「黒髪の固まり」
和合亮一「緑の使者」

選曲:石原慎介
演出:江澤俊彦
技術:金子泰三 山田顕隆
音響効果:菊地亮 米本満

出演:大路恵美 内田健介 ほか
[PR]
by nabegenmember | 2012-05-11 19:03 | 工藤千夏 | Comments(0)
グラフ青森 青森の暮らし』2012年1・2月号 NO.376 発売
特集 あおもりをつくる人々


工藤千夏が連載中の「まいどっ、渡辺源四郎商店です!」第34回掲載の『グラフ青森 青森の暮らし』2012年1・2月号 NO.376が発売されました。今回は、2011年秋の劇団はちのす×シアター・ル・フォコンブル×渡辺源四郎商店合同公演『俺の屍を越えていけ』と、なべげん版リーディングのあたりのことを書かせて頂いています。劇団員の横顔をひとりずつ紹介する「劇団員紹介」コーナーは工藤由佳子。

青森県内の書店で絶賛発売中。

<お問い合わせ>
有限会社 グラフ青森
電話 017-777-9765
mail info@graphaomori.jp

定期購読、バックナンバーご希望の方もどうぞ。
  年間購読料 3,600円(税・送料込)
  バックナンバー1冊 670円(税込・送料サービス)
http://www.graphaomori.jp/
[PR]
by nabegenmember | 2012-03-08 17:45 | 工藤千夏 | Comments(0)