ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

青森中央高校による被災地応援演劇
「もしイタ〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら」


 3・11の東日本大震災で、青森中央高校のある青森市は幸いにして大きな被害を免れました。生徒の中に被災した者はいません。余震も合わせて3日ほど停電したり、ガソリンを買うために2時間並ばなければならなかったりしましたが、肉親や家を失った多くの方達のことを思えば、これしきのことを苦労と呼んではなりません。
 青森中央高校演劇部は震災以来、演劇を学ぶ者として、また、東北に暮らす高校生として、何をするべきかずっと考えてきました。結論として、今自分たちにできることは自分たちのやれることを予定通りに全力でやることだ。と、考えました。4月の新入生歓迎公演、5月の基礎練習、6月の演劇講習会参加と東青下北地区夏季大会、7月の4本立て自主公演と北東北インターハイ総合開会式の出演、8月の中学生ワークショップと、休む暇もなく演劇に打ち込んできました。しかし、テレビや新聞やインターネットで被災地の現状を伝え聞くとき、3・11で胸に突き刺さった棘が、まだずっと刺さったままであることを意識せずにはいられません。高校演劇部にとって年間最大のイベントである地区大会を終えた9月中旬、部員全員で話し合いを持ちました。その中で今度こそ自分たちが被災地の人たちのために何かやろう、と全員一致で決定しました。わたしたちのやれることはやはり演劇であろうと考えます。今まで学んだことを生かす、というだけではありません。演劇によって幸福を味わわせてもらっている私たちは、演劇で他の誰かに幸福になってもらう努力をしなければならないと思うのです。

【日程】2011年10月28日(金)午後7時開演 ※30分前からご入場になれます。
【会場】八戸シーガルビューホテル体育館 アクセス
【チケット】入場無料

【問い合わせ先】青森中央高校(017-739-5135)(顧問:畑澤)。
※当日の公演お問い合せなど緊急の場合は渡辺源四郎商店(080-1269-6158)までご連絡下さい。

【協力】八戸シーガルビューホテル

d0203926_18201765.jpg


<今後の上演予定>
青森市  11月12日[土] 開演時間未定(16:00前後の予定)  於・ねぶたの家ワ・ラッセ交流ホール(募金のおねがいあります)

気仙沼市  11月27日[日] 13:30開演 於・県立気仙沼高等学校
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-26 01:07 | 高校演劇 | Comments(0)
第32回青森県高等学校総合文化祭演劇部門発表会
第54回青森県高等学校演劇合同発表会兼東北大会予選会


日時:2011年10月29日(土)、30日(日)
会場:八戸市公民館ホール
   住所 八戸市内丸1-1-1 � 0178-45-1511

日 程
 第1日目    10月29日(土)
    9:20〜 9:40 開会式
  1) 9:50〜10:50 大湊(東青・下北)  「My Best Family」作:高田まゆ 潤色:大湊高校演劇部
  2)11:10〜12:10 八戸工業(三八・上北)「そして誰も帰れなくなった」 作:佐々木 杏
  3)12:50〜13:50 尾上総合(中南・西北)「Call Me……?」 作:間宮綾子
  4)14:10〜15:10 青森東(東青・下北) 「素晴らしきエイプリルフール」 作:山本菜絵
  5)15:30〜16:30 五所川原(中南・西北)「ゴショラ」 作:高橋浩行
  6)16:50〜17:50 八戸聖ウルスラ学院(三八・上北)「ぱ〜ぽぱ〜ぽぱっぽっぽ」 作:柾谷伸夫

 第2日目    10月30日(日)
  7) 9:50〜10:50 光星学院(三八・上北)「えんど」 作:吉田 誉・村下直光
  8)11:10〜12:10 弘前中央(中南・西北)「四十七」 作:柳澤 学
  9)12:50〜13:50 八戸南(三八・上北) 「マイケルはミッシェル そして時々ミハエル」作:清水健宏・かわぐち まさと
  10)14:10〜15:10 青森西(東青・下北) 「逆光少女」 作:北野 茨
  11)15:30〜16:30 青森中央(東青・下北)「もしイタ 〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら〜」作:畑澤聖悟
   17:00〜18:00 審査員講評
   18:00〜18:15 表彰式・閉会式


審 査 員
  中村 一彦 氏(東奥日報八戸支社編集部長)
  阿部  順 氏(千葉県立柏の葉高等学校演劇部顧問)
  横川  節 氏(愛媛県立川之江高等学校演劇部顧問)
  中島  憲 氏(北海道札幌稲雲高等学校演劇部顧問)
  林  成彦 氏(演出家・青年団演出部)

この情報は、大沢ケイト氏のブログ高校演劇 大会結果 速報ブログ から転載しました。
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-20 00:42 | 高校演劇 | Comments(0)
秋田県演劇団体連盟主催演劇公演『俺の屍を越えていけ』

 秋田県演劇団体連盟主催で、秋田版『俺の屍を越えていけ』(作:畑澤聖悟)の上演が決定しました。出演は10月1日、2日に秋田市のドリームワールドで行われた劇団はちのす×シアター・ル・フォコンブル×渡辺源四郎商店合同公演のメンバーです。

▼出演
加藤順平(劇団はちのす)
高橋寛志(劇団はちのす)
加藤母都子(劇団はちのす)
川上舞(劇団はちのす)
加藤麻弓(劇団はちのす)
谷村生(フリー)

【日程】
平成23年11月5日(土)17:00〜 / 6日(日)14:00〜
(開場は開演の30分前です)

【会場】
秋田駅前「フォンテAKITA」(旧イトーヨーカ堂)6階
国民文化祭サテライトセンター内 特設会場

【料金】無料/全席自由

【お問い合わせ先】
事務局(劇団はちのす:加藤正志)090-4318-7035
〒011-0941秋田市土崎港北3丁目1-70
e-mail:hachinosu_mail@ray.ocn.ne.jp


<秋田演劇連盟 所属団体>  
演劇を楽しむ会(鹿角市)/大館市民劇場(大館市)/男鹿演劇研究会ふきのとう(男鹿市)/劇団「濤」(由利本荘市)/劇団能代小劇場(能代市)/劇団はちのす(秋田市)/劇団HOZZY&NANSY(横手市)/劇団プロデュースチームウィルパワー(秋田市)/シアター・ル・フォコンブル(秋田市)/新企画舎(横手市)/たかのす劇団(北秋田市)/展楽座(能代市)/横手アマチュア演劇研究所(横手市)/横手演劇研究会(横手市) (五十音順・全14団体)

<主な活動>
平成21年度 創立40周年記念「あきた演劇フェスティバル」秋田市にて合同開催
県北地区「鬼の面」
中央地区「猫の恋 昴は天にのぼりつめ」
県南地区「北天の儀軌【群読 後三年合戦絵詞】」
        
平成16年度 創立35周年記念「三地区合同公演」及び、記念誌の発行
県北地区「人を食った話」北秋田市にて開催
中央地区「煙が目にしみる」秋田市にて開催
県南地区「真秀ら野mahorano」横手市にて開催
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-18 16:55 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
よろづや商店第1弾『背中から四十分』

【作】畑澤聖悟
【演出】よろづや商店・チームさかな、小松原宏太
【出演】高橋洋介、西村長子、横田裕美、忠海蓉子

【日程】2011/10/20(木) ~ 2011/10/23(日)
【会場】中野ラフト
〒164-0001 東京都中野区中野1-4-4 1F
アクセス
【チケット】前売り、当日共3300円
【お問い合わせ】http://yorozuya-shouten.jimdo.com/お問合わせ/

【ご予約】https://ticket.corich.jp/apply/30675/
こちらから、どうぞ。

10/20(木)19:00-
10/21(金)14:00- 19:00-
10/22(土)13:00-  18:00-
10/23(日)13:00- 17:00-

【スタッフ】
音響:藤平美保子(TES)
照明デザイン:石島奈津子(東京舞台照明)
舞台美術:向井登子
音楽:新屋賀子
制作:石川はるか(ハイリンド)
協力:演劇企画集団十人十彩・みらい館大明・清水整体院他

d0203926_14383957.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2011-10-18 14:28 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
RABラジオ『青森長寿セミナー』

 畑澤聖悟が青森放送のラジオ番組『青森長寿セミナー』で、渡辺源四郎商店の活動を通して考える世代間交流について語ります。

【放送予定】2012年1月21日(土)6:30
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-11 10:10 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
エフエム世田谷「シアターF」
花組芝居ラジオドラマ『母の遺言』


【放送日】2011年10月12日(水)21時〜

エフエム世田谷(83.4MHz)で毎週水曜日午後9時OnAirの演劇ラジオ「シアター F」。その中の番組内ゲストコーナー「井戸端ラジオ」毎月第2週は花組芝居(加納幸和、水下きよし、植本潤、大野裕明がローテーション)が担当。2009年から始まったこの工藤千夏書き下ろし、水下きよし演出のラジオドラマ・シリーズ、今回は7本目となります。

『母の遺言』
作:工藤千夏
演出:水下きよし
出演:植本潤、岡本篤(劇団チョコレートケーキ)、水下きよし

インターネット配信はこちらから。FM世田谷83.4MHz サイマル実験放送ページ

d0203926_93631.jpg


◎バックナンバーはこちらからどうぞ。全作品の演出は、水下きよし。

2009年4月放送 『左手のための夜想曲』 出演:山下禎啓、嶋倉雷象
2009年8月放送 『ラストソング』 出演:北沢洋、水下きよし
2009年12月放送 『三人のサンタクロース』 出演:北沢洋、大井靖彦、原川浩明
2010年7月放送 『ビールの海』 出演:大井靖彦、丸川敬之、水下きよし
2010年10月放送 『男子の本懐』 出演:各務立基、大井靖彦
2011年5月放送 『I LOVE ROBOTS』 出演:北沢洋、磯村智彦、堀越涼
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-11 09:44 | 工藤千夏 | Comments(0)
『カミサマの恋』劇評掲載 日経新聞
民藝『カミサマの恋』 奈良岡朋子の高い芸境、セリフを聴く快楽


 10月9日、日本経済新聞に、民藝公演『カミサマの恋』(作:畑澤聖悟、演出:丹野郁弓)の劇評が掲載されました。オンラインはこちらから、どうぞ。

d0203926_9374285.jpg

         C 劇団民藝 左から箕浦康子、奈良岡朋子、藤巻るも
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-09 09:34 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
青森中央高校演劇部による被災地応援演劇
「もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら」
の上演について


【会場だけご用意下されば、27人の高校生が元気に歌い躍動します!ぜひ、ぜひ、私たちを呼んでください】

◎企画概要  
青森中央高校演劇部が被災地に出掛け、元気な演劇を上演します。

◎費用  
交通費など、全て青森中央高校演劇部が負担します。会場だけご用意下さい(会場使用に費用が掛かる場合はご相談下さい)。

◎期間  
2011年10月~12月。土日が理想ですが、平日であっても構いません。

◎公演回数  
2~3公演を予定しています。

◎演目  
「もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら」

◎作者   畑澤聖悟
◎上演時間 60分
◎上演地  青森市からバスで日帰りできる被災地での上演を希望しています。
◎会場    バレーボールが出来る程度の広さがあれば、どこでも公演します。
◎必要機材 照明設備、音響設備、舞台装置は必要ありません。ステージが無くてもかまいません。
◎参加人数 青森中央高校演劇部27人、顧問1名(畑澤聖悟)。
◎交通手段 貸し切りバス(30人乗り)を予定しています。

◎お問合せ 
青森中央高校(017-739-5135)(顧問:畑澤)までご連絡下さい。もしくは、詳細が掲載されているブログ「渡辺源四郎商店店主日記」に、コメントをお残し下さい。こちらから連絡させていただきます。ご希望が多数の場合は大変申し訳ありませんが、当方で検討させていただきます。


【今回の企画を立てるにあたって】
3・11の東日本大震災で、青森中央高校のある青森市は幸いにして大きな被害を免れました。生徒の中に被災した者はいません。余震も合わせて3日ほど停電したり、ガソリンを買うために2時間並ばなければならなかったりしましたが、肉親や家を失った多くの方達のことを思えば、これしきのことを苦労と呼んではなりません。
 青森中央高校演劇部は震災以来、演劇を学ぶ者として、また、東北に暮らす高校生として、何をするべきかずっと考えてきました。結論として、今自分たちにできることは自分たちのやれることを予定通りに全力でやることだ。と、考えました。4月の新入生歓迎公演、5月の基礎練習、6月の演劇講習会参加と東青下北地区夏季大会、7月の4本立て自主公演と北東北インターハイ総合開会式の出演、8月の中学生ワークショップと、休む暇もなく演劇に打ち込んできました。しかし、テレビや新聞やインターネットで被災地の現状を伝え聞くとき、3・11で胸に突き刺さった棘が、まだずっと刺さったままであることを意識せずにはいられません。高校演劇部にとって年間最大のイベントである地区大会を終えた9月中旬、部員全員で話し合いを持ちました。その中で今度こそ自分たちが被災地の人たちのために何かやろう、と全員一致で決定しました。わたしたちのやれることはやはり演劇であろうと考えます。今まで学んだことを生かす、というだけではありません。演劇によって幸福を味わわせてもらっている私たちは、演劇で他の誰かに幸福になってもらう努力をしなければならないと思うのです。
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-07 14:30 | その他 | Comments(0)
第34回岩手県高等学校総合文化祭演劇部門発表会
第37回岩手県高等学校演劇発表大会


期日:2011年10月19日(水)〜21日(金)
会場:北上市文化交流センター さくらホール中ホール
    岩手県北上市さくら通り2−1−1
    電話:0197-61-3300 / FAX:0197-61-3301
    http://www.sakurahall.jp/
入場料:無料(パンフレットも含む)
審査員:千葉雅子(劇団猫のホテル主宰)
    五十嵐英実(北海道高校演劇協議会)
    くらもちひろゆき(架空の劇団代表)(順不同・敬称略)
生徒講評部門参加校:
    盛岡第一・盛岡女子・盛岡工業・盛岡南・北上翔南・千厩(順不同)
上演:
10/19(水)
 12:40 開 場
 13:10 開会式
 13:30 上演1 盛岡第三「Lump of sugar」さがえかおり/作 ★
 15:00 上演2 岩手女子「消費期限は3ヶ月」荒明瞳/作☆
 16:30 上演3 花巻南 「Be More Tough!」 関勝一/作(17:40終了予定) 
10/20(木)
  9:40 開 場
 10:00 上演4 久  慈「辛夷の花」  畠山美礼/作 ●  
 11:30 上演5 盛岡農業「ユメ」    福士美紀/作 ☆
 13:20 上演6 盛岡第二「女や〜めた!」安部いさむ/作
 14:50 上演7 福  岡「福高創立110周年記念作品 田頭諒という男」
           福高演劇部 Featuring DJ Ryo ★☆
 16:20 上演8 一関第二「斉藤さんちと佐藤さんちの恋愛参観日」楽静/作
 17:50 上演9 黒沢尻北
    「平成23年度北海道然別高等学校演劇部十勝支部演劇発表大会参加作品」
           井出英次/作             (19:00終了予定)
10/21(金)
  9:40 開 場
 10:00 上演10 大  東「遠い、春の、やくそく。」  多田知恵子/作 ★
 11:30 上演11 盛岡市立「真夜中の太陽」工藤千夏/作 佐藤かつら/潤色
 13:20 上演12 水  沢「ニッポンSFジェネレイション」松田隆志/作 ★
 14:50 上演13 不来方 「乙女 と 祈り」      松田素子/作 ★
 16:20 生徒講評委員会による講評
 17:00 審査員による全体講評
 18:10 閉会式                    (18:30終了予定)
 ※ ★=顧問創作、☆=生徒創作、★☆=顧問・生徒創作、●=書き下ろし(既成扱い)
 ※最優秀、および優秀1席を東北大会(12月16〜18日・山形市民会館)に推薦。
 ※生徒講評部門で最優秀に選ばれた1名も東北大会に推薦。
 ※上演後に生徒による幕間交流があります。
▼この要項は9月28日現在のものです。
▼さくらホール(北上)・盛岡劇場・いわてアートサポートセンター(盛岡)に県大会のチラシがあります。
大会事務局:一関第二高校・菊地(電話 0191−25−2242)

この情報は、ブログ「番頭日誌」から転載させて頂きました。
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-07 10:05 | 工藤千夏 | Comments(0)
asahi.com 2011.9.30 劇団民藝公演インタビュ−記事


 2011.9.30 のasahi.com に、劇団民藝公演「カミサマの恋」(作:畑澤聖悟、演出:丹野郁弓)関連の奈良岡朋子氏のインタビュ−記事が掲載されました。

津軽弁を初披露 劇団民芸「カミサマの恋」の奈良岡朋子
     こちらから、どうぞ。
[PR]
by nabegenmember | 2011-10-06 09:11 | 畑澤聖悟 | Comments(0)