ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

劇団民藝公演『真夜中の太陽』

 ラフカット2009、うさぎと猫の芝居小屋Vol.1、Vol2で、工藤千夏自身が作・演出した『真夜中の太陽』が、日色ともえ主演、劇団民藝で上演されます。
 2013年2月19日には、原案・音楽の谷山浩子とのトークを予定。

『真夜中の太陽』
原案・音楽=谷山浩子 
作=工藤千夏 
演出=武田弘一郎

【日程】2013年2月13日(水)~24日(日)
【会場】紀伊國屋サザンシアター

【キャスト】
日色ともゑ、
中地美佐子、齊藤尊史、平松敬綱、望月香奈、大黒谷まい、齊藤詩織、八木橋里紗、平山晴加、山田志穂、金井由妃、高木理加、田口かすみ、野田香保里、山内さとみ

【スタッフ】
装置……松岡 泉
照明……前田照夫
衣裳……緒方規矩子
効果……岩田直行

【東京公演日程】
2013年2月13日(水)~24日(日)
13水 19:00
14木 14:00
15金 14:00
16土 14:00
17日 14:00
18月 14:00
19火 19:00
20水 14:00
21木 14:00
22金 19:00
23土 14:00
24日 14:00

※19日終演後、谷山浩子さんと工藤千夏さんによるアフタートークをおこないます
※17日・20日・22日終演後、出演者との交流会をおこないます
※土日公演に無料託児サービス(要予約)

前売開始 2012年11月27日(火)

【入場料】(全席指定・消費税込)
一般 6,300円
学生割引 3,150円
夜チケット 4,000円(夜公演全席)

【お申し込み】
劇団民藝 TEL044-987-7711(月~土 10時~18時)
チケットぴあ TEL0570-02-9999(Pコード424-551)
ローソンチケット TEL0570-084-003(Lコード39637)
キノチケットカウンター 新宿東口・紀伊國屋書店本店5階 店頭販売のみ(10:00~18:30)

【あらすじ】
 太平洋戦争末期、ミッション系の女学生たちが音楽室で空襲に遭います。女学生たちは防空壕に避難しようとするのですが、「防空壕に入っちゃダメ!」と叫ぶ女学生がいました。その女学生はよく見るとおばあちゃんでした。
 彼女は楽譜を音楽室にとりに戻ったため、一人生き残った女学生で、防空壕のなかで亡くなった友だちを助けようと、70年近いときをへてふたたびあの日に還ってきたのでした……。

劇団民藝HPは、こちら。
d0203926_1432823.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2012-10-31 23:46 | 工藤千夏 | Comments(0)
劇団昴公演『イノセント・ピープル』

平成24年度文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
『 イノセント・ピープル "原爆を作った男たちの65年"』
【公演日時】2013年1月30日(水)~2月3日(日)
【会場】あうるすぽっと
作=畑澤聖悟(渡辺源四郎商店・店主)
演出=黒岩亮(劇団青年座)

【あらすじ】
アメリカ ニューメキシコ州ロスアラモス。
原子爆弾開発に従事した科学者ブライアン・ウッド。
ヒロシマ・ナガサキに落とされた2発の原爆を作り上げた5人の若者たち。
これは、彼らが歩んだアメリカの「第二次世界大戦後」の物語である。
アメリカは、その後も朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラン・イラク戦争、と、戦地へ若者を送り続けた。
戦後も原爆・水爆製造に携わるブライアン。
1945年のあの日から65年、彼らはどう生きてきたのか?
日本人の視点でアメリカの戦後をとらえる異色の戦後史。

●キャスト
遠藤 純一(ブライアン・ウッド)
鳥畑 洋人(ジョン・マッケラン) 宮本 充(キース・ジョンソン)
石田 博英(グレッグ・シウバ) 福山 廉士(カール・コワルスキー)
要田 禎子(ジェシカ) 大島 大次郎(ウィリアム)
矢島 祐果(シェリル) 髙草 量平(タカハシ)
市川 奈央子(リンダ) 新野 美知(ニナ)
米倉 紀之子(マーシャ) 原 一登(リチャード)
江川 泰子(ベロニカ) 吉田 直子(ルーシー)
槙乃 萌美(ハルカ)

●スタッフ
美術○柴田秀子 照明○古宮俊昭 音響○藤平美保子 衣装○竹原典子 舞台監督○井上卓 演出助手○河田園子 宣伝美術○真家亜紀子 写真撮影○中畑佳久・梅原渉
制作○演劇企画JOKO/劇団昴

●協力
田中浩朗(東京電機大学 工学部 人間科学系列 教授)
劇団 青年座
渡辺源四郎商店 

●公演日時
2013年1月30日(水)~2月3日(日)
1/30(水)19:00
31(木)14:00
2/1(金)19:00
2(土)14:00/18:00
3(日)14:00
※開場は開演の30分前
※1月31日・2月2日、終演後に作家・演出家・出演者を交えたポスト・ショー・トークを行います。31日は演出:黒岩亮、2日は作家:畑澤聖悟も参加します。

●前売開始 2012年12月10日(月)

●入場料金
一般 5000円 全席指定
他虜金チケットについては、劇団昴HPをご参照ください。

d0203926_21423282.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2012-10-21 21:51 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
劇団民藝『満天の桜』上演

『カミサマの恋』に引き続き、主演・奈良岡朋子、演出・丹野郁弓のコンビに、畑澤聖悟が新作を書き下ろしました。劇団民藝『満天の桜』の詳細です。

『満天の桜』
2012年12月6日(木)~20日(木)三越劇場
【作】畑澤聖悟 
【演出】丹野郁弓

詳細は民藝HPから。

【スタッフ】
装置……島 次郎
照明……前田照夫
衣裳……緒方規矩子
音楽……池辺晋一郎
効果……岩田直行
舞台監督……中島裕一郎

【キャスト】
松島(満天姫の侍女頭)……奈良岡朋子
満天姫(葉縦院)……中地美佐子
おまさ(満天姫の侍女)……大越弥生
おきく(満天姫の侍女)……森田咲子
大道寺直秀(満天姫の実子)……齊藤尊史
大道寺隼人(直秀の養父、家老)……安田正利
佳(直秀の妻)……飯野 遠
南光坊天海(家康のブレーン)……伊藤孝雄
津軽信義(津軽藩三代目藩主)……神 敏将
別浦政次(信義の小姓頭)……塩田泰久
石郷岡得左衛門(信義の小姓)……行田 旭
大嶋助次郎(若い侍)……吉田正朗
東京公演日程

【助成】文化芸術振興費補助金[トップレベルの舞台芸術創造事業]
【後援】弘前市

【スケジュール】
2012年12月6日(木)~20日(木)
6木 18:15
7金 13:30 
8土 13:30 
9日  13:30 
10月 13:30 
11火 13:30 
12水 13:30 
13木 13:30 
14金 18:15
15土 13:30 
16日 13:30 
17月 貸切
18火 13:30 
19水 13:30 
20木 13:30     
※9日終演後、畑澤聖悟氏と丹野郁弓によるアフタートークをおこないます
※13日終演後、出演者との交流会をおこないます
※土日公演に無料託児サービス(要予約)

【前売開始】 2012年11月1日(木)

【入場料】(全席指定・消費税込)
一般 6,300円
学生割引 4,200円

【お申し込み】
劇団民藝 TEL044-987-7711(月~土 10時~18時)
三越劇場 TEL0120-03-9354(10時~18時)
チケットぴあ TEL0570-02-9999(Pコード423-807)
カンフェティ TEL0120-240-540(平日 10時~18時)

d0203926_10211100.jpg


【あらすじ】
関ヶ原の合戦を制し、群雄割拠の戦国時代にようやく終止符をうった徳川家康。家康は政略結婚を巧みに使い、地方大名を統治していきます。北にシンパを求めた家康は、津軽藩二代目藩主、津軽信枚に養女・満天姫を嫁がせます。一度は芸州、福島正則の養嗣子正之に嫁ぎ、一子直秀をもうけた満天姫ですが、正之は幽閉され獄死し、満天姫は幼い頃から付き従っていた侍女頭・松島を伴い津軽に再嫁したのでした。満天姫は実子である直秀を津軽藩家老・大道寺隼人の養子とし、信枚が石田三成の娘との間にもうけた信義を津軽藩嫡男として育てます。信枚亡き後、葉縦院と名乗る満天姫をある日、家康のブレーンでもあった南光坊天海が訪ねてきます。それは満天姫に生涯を捧げ尽くした松島にとっても大事件の始まりでした……泰平の世を守るため、満天姫と松島は残酷な決断を迫られることになるのです。
[PR]
by nabegenmember | 2012-10-17 10:15 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
青森大学演劇団健康 第28回公演
『人生が上々だ』 


高坂明生が、青森大学演劇団健康 第28回公演『人生が上々だ』に客演します。

【日程】2012/12/14(金) ~ 2012/12/16(日)
【会場】青森大学学生寮 スチューデントプラザ
【脚本・演出】柴山大樹

【出演】長瀬舟(青森大学硬式野球部OB)、周宗瑾、吹田拓也(青森短期大学)、高坂明生(渡辺源四郎商店)、葛西大志(劇団夢遊病社)、柴山大樹(劇団夢遊病社)、他

総合プロデューサー:久慈きみ代(青森大学演劇団「健康」顧問)
プロデューサー:萱森由介(青森大学演劇団「健康」顧問)
舞台監督:萱森由介
音響プラン:高坂明生 葛西大志
音響オペレーター:山上瞭太(青森大学)
照明プラン:葛西大志
舞台美術・装置:青森大学演劇団健康
制作:藤本一喜 萱森由介 鎌田秀勝(青森演劇鑑賞協会事務局長)佐藤智之(ちねちったプロダクション)
制作補:鳴海香

【発売日】2012/11/01
予約・前売り500円、当日800円
高校生以下&青森大学生は無料

サイト
http://ameblo.jp/aodaikenko-28jinseijojo/
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

タイムテーブル
12月14日(金)19:00
12月15日(土)15:00/19:00
12月16日(日)15:00




d0203926_9342633.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2012-10-04 09:41 | なべげん劇団員 | Comments(0)
劇団野の上第四回公演『東京アレルギー』


三上晴佳が劇団野の上第四回公演『東京アレルギー』に客演します。

劇団野の上第四回公演『東京アレルギー』
【作・演出】山田百次

■出演
乗田夏子・藤本一喜・鳴海まりか・山田百次(以上劇団野の上)
赤刎千久子・葛西大志(劇団夢遊病社)・工藤早希子・杉原邦生(KUNIO/木ノ下歌舞伎)・成田貢・三上晴佳(渡辺源四郎商店)

■スタッフ
舞台美術_鈴木健介(青年団)  照明(東京公演)_井坂浩(青年団)  舞台スタッフ_高岡秀伍(劇団プランクスター) 相談役_赤刎千久子  制作_劇団野の上

■協力
渡辺源四郎商店 沼山真紀子 野宮千尋 KUNIO 木ノ下歌舞伎 劇団夢遊病社 劇団プランクスター 青年団 (順不同)


【チケット予約受付開始日】
2012年10月1日(月)
【取扱プレイガイド(青森公演のみ)】
成田本店しんまち店・サンロード青森プレイガイド

【チケット予約受付・お問い合せ】
劇団野の上 090-2979-3380(ノリタ)
gekidannonoue@yahoo.co.jp

<青森公演>
アトリエ・グリーンパーク
11月16日(金)19:30
11月17日(土)14:00/19:30
11月18日(日)19:30

<東京公演>
こまばアゴラ劇場
11月23日(金)19:00
11月24日(土)14:00/19:00
11月25日(日)14:00

サイト
http://ameblo.jp/zatsudan-nonoue/
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

d0203926_9232162.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2012-10-04 09:24 | なべげん劇団員 | Comments(0)
RABラジオ「あおもりTODAY」

 RABラジオ「あおもりTODAY」の「火曜なんだ?かんだ!」に畑澤聖悟がゲスト出演。

「あおもりTODAY」
http://www.rab.co.jp/radio/today/index.html
USTREAM配信は、都合により配信しない場合もあるそうです。
[PR]
by nabegenmember | 2012-10-02 08:37 | 畑澤聖悟 | Comments(0)