ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

畑澤聖悟<構成・演出作品TV放映>

青森ケーブルテレビ市民チャンネル『青森市ものがたり〜わたしがねぶたをハネるまで〜』放送

青森ケーブルテレビ市民チャンネルで、2017年8月19日にリンクモア平安閣市民ホールで上演された、中高生がふるさとを知る、演じる、考える演劇公演『青森市ものがたり〜わたしがねぶたをハネるまで〜』(構成・演出:畑澤聖悟、ドラマターグ:工藤千夏)を放送します。
中学生・高校生60名がふるさとの祭り「ねぶた」を調べ、考え、演劇という表現形式で発表しました。青森工業高校ねぶた部のお囃子と担ぎねぶたも登場するラストシーンのねぶたは、圧巻。

<放送スケジュール>
2017年9月2日(土)20:00~22:00

<再放送スケジュール>
2017年
9月9日(土)20:00~22:00
9月16日(土)20:00~22:00
9月23日(土)18:00~20:00
9月30日(土)20:00~22:00

http://cgi2.actv.ne.jp/act09/wiki.cgi?page=FrontPage
d0203926_13123404.jpg
d0203926_12322335.jpg
中高生がふるさとを知る、演じる、考える演劇公演『青森市ものがたり』は、青森市文化スポーツ振興公社・創芸企画グループが主催する、中学生・高校生を対象にしたワークショッップ公演です。2016年から始まり、好評に応えて2年目は『青森市ものがたり〜わたしがねぶたをハネるまで〜』。単に演技の上達や作品の完成を主目的にするのではなく、参加者自身がテーマとなるふるさと・青森市の歴史や現状を調べたり、演劇作品にするためのテキストや演出を考えることによって、ふるさとを深く理解し、その未来について考えていこうという企画です。

参加者にとって貴重な体験となるそのプロセスもさることながら、一般観客が共にふるさと・青森市について楽しみながら、改めて考えることのできる発表作品のクオリティの高さは特筆もの。初年度から、『地域で展開する市民参加型プロジェクト』〜STPワークショップラボ2016-17(世田谷パブリックシアター主催)のシンポジウムで発表する全国からの6企画に選出されるなど、全国的に注目を集めています。

d0203926_21134691.jpg


[PR]
by nabegenmember | 2017-08-30 13:06 | その他 | Comments(0)