ブログトップ

なべげん情報

nabegen6ro.exblog.jp

渡辺源四郎商店劇団員の劇団外の活動や、なべげん関連情報をお伝えします。

カテゴリ:畑澤聖悟( 115 )

いるかHotel新館いるかPension  

KAVCアートジャック2018 参加


 『会議は踊る!』

~怒濤の傑作会話劇 連続上演~


 「七人の部長」作/越智優

 「俺の屍を越えていけ」作/畑澤聖悟

 

 演出/谷省吾

    

2018/9/15(土)〜16(日)神戸アートビレッジセンター



アクセス

  • 神戸高速「新開地駅」8番出口より徒歩約5分
  • JR「神戸駅」ビエラ神戸口より徒歩約10分
  • 神戸市営地下鉄「湊川公園駅」東改札口より徒歩約15分




お問い合わせ

  • 神戸アートビレッジセンター(KAVC) 指定管理者:(公財)神戸市民文化振興財団
  • 〒652-0811 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号 TEL:078-512-5500 FAX:078-512-5356
  • https://www.kavc.or.jp

d0203926_08524293.jpg



[PR]
by nabegenmember | 2018-09-17 08:47 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
d0203926_20123221.jpeg
d0203926_20074985.jpg


[PR]
by nabegenmember | 2018-07-16 20:13 | 畑澤聖悟 | Comments(0)

劇団民藝公演『光の国から僕らのために―金城哲夫伝―』
d0203926_03495650.jpg


劇団民藝公演『光の国から僕らのために―金城哲夫伝―』

作=畑澤聖悟 演出=丹野郁弓


『カミサマの恋』『満天の桜』につづく畑澤聖悟氏の民藝書き下ろし第3作。
日本中の子供たちが“畏敬の念”を抱いた不滅のヒーロー〈ウルトラマン〉。
その輝きを創った脚本家・金城哲夫の半生を描く。

http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2018hikarinokunikarabokuranotameni/

政下の沖縄から東京の高校に進学した金城哲夫は、縁あって
“特撮の神様”円谷英二率いる円谷プロダクションに入社する。
時代はテレビ創成期、金城は20代の若さで「ウルトラQ」の
脚本家に抜擢され、「ウルトラマン」「ウルトラセブン」な
どを世に送り出し、子供たちから絶大な支持を得ていく。
多忙ながら充実した日々を過ごすが、視聴率に振りまわされ、
やがてウルトラマンシリーズは曲がり角にさしかかる。
築き上げたシナリオライターとしての名声と地位をあっさり
捨てて、金城は沖縄へ帰郷する。
時は1969年、沖縄の本土復帰が3年後に迫っていた……



d0203926_04025505.jpg


[PR]
by nabegenmember | 2018-07-11 03:50 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
こまつ座第124回公演・紀伊国屋書店提携

d0203926_18175647.png

[PR]
by nabegenmember | 2018-05-30 18:18 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
d0203926_11130347.jpg
d0203926_11130337.jpg


[PR]
by nabegenmember | 2018-05-15 11:13 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
d0203926_10080020.jpg

d0203926_10080190.jpg


[PR]
by nabegenmember | 2018-05-14 10:08 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
劇団和歌山公演
『イノセント・ピープル』

d0203926_13200445.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2018-04-30 13:21 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
feblabo×シアター・ミラクルプロデュース『俺の屍を越えていけ』

feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
『俺の屍を越えていけ』
作:畑澤聖悟(渡辺源四郎商店)
演出:池田智哉(feblabo)

d0203926_09090994.png

[PR]
by nabegenmember | 2018-04-27 09:11 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
こまつ座第124回公演・紀伊國屋書店提携
『母と暮せば』

2018年10月『母と暮せば』舞台化!畑澤聖悟が脚本を担当させていただきます。
井上ひさしの構想を受け継ぎ、名匠・山田洋次監督が手がけた映画「母と暮せば」(2015年公開)。
長崎で被爆した母と亡き息子の幽霊の交流を描いた感動作でした。
今秋、「母と暮せば」がついに、素晴らしい出演者、スタッフを迎えて二人芝居に生まれ変わります。
舞台『父と暮せば』、『木の上の軍隊』に次ぐ、こまつ座「戦後"命"の三部作」第三弾として、
母と息子、そしてすべての「命」をつなぐ、深く温かい物語をお届けします。

こまつ座第124回公演・紀伊國屋書店提携
『母と暮せば』
監修 山田洋次
作 畑澤聖悟
演出 栗山民也
出演 富田靖子 松下洸平
2018年10月 紀伊國屋ホール
前売開始:2018年8月予定
東京公演以降、全国各地にて上演(茨城、岩手、滋賀、千葉、愛知、埼玉、兵庫)

公演案内をご希望の方には、前売に先立ち、先行販売のご案内をお送りいたします。
こまつ座03-3862-5941まで。

[PR]
by nabegenmember | 2018-04-05 11:39 | 畑澤聖悟 | Comments(0)
演出家・俳優養成セミナー2017 演劇大学in大阪2017

< 表現の自由 と 私たちの演劇 Ⅱ ~後期~>
会場:ドーンセンター

2018年2月 7日(水)19時~21時
「ガザ、世界の恥としての、そして、Restiamo Umani(人間であり続けること)」
講師:岡 真理 氏

2018年2月10日(土)19時~21時「
体験のコンプライアンス」
講師:かわら長介 氏

2018年2月18日(日)14時〜16時
「高校演劇が地域演劇を作る」
講師:畑澤聖悟 氏

【研修参加費】各回500円(協会員無料 / 高校生無料)

【お申し込み・お問い合わせ】関西ブロック事務局e-mail/ kansaiblock@yahoo.co.jp

d0203926_11293677.jpg
d0203926_11293652.jpg

[PR]
by nabegenmember | 2018-02-06 11:32 | 畑澤聖悟 | Comments(0)